トップページに戻る

新着情報

2012/11/05

半分の優しさ。。。

11月になり一気に寒さが厳しくなりましたがお身体変わりないですか?
朝夕の気温の変化や、暖房による乾燥で体をコントロールしづらくなってきました。
またシニアレジデンス・スパながしまの入居者様も明日から
長島中央病院で行いますが、インフルエンザの予防接種がスタートしております。
毎年ですが、年末年始に向けて多くニュースを耳にすると思います。
早めの予防をお勧めします。

さて題名にしました半分の優しさとは。。。。


何かお分かりでしょうか??

これは車に乗り降り用の踏み台です。
当施設では入居者様の送迎用としてワゴン車がございます。
そのワゴン車のステップの高さは38cm。
自立した方なら何気ない事ですが、
多くのシニアの方には少し高いと思います。
そこでお友達の杉山建築さんに踏み台を依頼しました。

高さは19cm。

そう半分の優しさとはこの事なんです。
これを使っていただくと半分の力で、車の乗り降りをしていただく事が出来るんです。
よく見ていただくと角を丁寧に加工してくれていたり。。。
安全面も考えてくれていました。
改めて「技」の深さに感銘を受けました。
これで安心して入居者様にもお車に乗っていただけます。

ご自宅の介護リフォーム等をお考えの方も、こういう風に室内の配慮をしていきます。
例えばキッチンを車いすで調理できる高さに変更する・・・約50万円
お風呂をバリアフリーにし介助浴ができるスペースを作る・・・約80万円
2階への階段をリフト式に変える・・・約70万円
シニアが住める家を実現しようとすると一体いくらかかるのでしょう。。。
見学に来られる方もご自宅をリフォームするか、
ご入居するか悩まれている方も多いです。
もしそのようなご質問がございましたら一度ご相談ください。

そして玄関に綺麗なお花を飾らせていただきました。

入居者様のご家族様から頂きました。
ありがとうございます。

一輪の大菊も美しいですが、小さい菊からなるこの迫力。

そしてビロードのようなこの色に入居者様も絶賛されています。

ぜひお近くにお越しの際は見に来てください。
日本の美意識を感じていただけると思います。

バックナンバーに戻る
  • 桑名の医療・介護なら佐藤病院グループ