トップページに戻る

新着情報

2016/10/17

スパ農園通信2016 第11号

本日、10月17日は、”貧困撲滅のための国際デー”だそうです。
1999(平成11)年12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。

フランスを拠点とするNGO「国際運動ATD第4世界」の発案により、
多くの国でこの日が「極貧に打ち克つための世界デー」となっていることから、
国連総会で「貧困撲滅のための国際デー」とすることが宣言されたそうです。



さて、スパ農園はコスモスが咲き乱れ、
桑名にも、本格的な秋の到来を感じさせてくれます。



昨日、10月16日(日)午後から、
入居者さんと枝豆の収穫をおこないました。






若干実が小ぶりなものが多かったですが、
それでもたくさんの枝豆が収穫できました!
まさに大収穫祭でした!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜


夕方にはみどり保育園の園児さん達との収穫会も開催されました。

お子さんにはまだ難しいかな?と思われましたが、
お子さん達も入居者の先生に聞きながら目をキラキラさせて
一生懸命収穫していました!(^O^)/



とれた枝豆は本日の夕食で入居者様に振舞われました。




(少し茹で方が甘く〈豆の甘味が引き出せていない〉、塩も足りないとアドバイスをいただきました…泣 が、これも勉強!勉強!)

少しですが隣のグループホームにもお裾分け。
みんなで収穫を楽しむことができました。


今年の収穫はひとまずこれにて終了です。
じゃがいも・サツマイモ・枝豆!
来年は何を育てようか、今からみんなで思案しています。



今年1年。スパ農園をやることで、入居者様から様々なことを教わりました。

土を作ることの大切さ。戦時中サツマイモのツルを食べて飢えを凌いだこと。
(実際に生のツルを食べてみたりもしました。)
科学肥料を使わず、よい土を作る方法などなど……

本当に貴重な体験となりました。

数々の師匠の教えの中で最も印象的なことは、農機具は毎回丁寧に掃除すること。
「掃除をしながら、次回も使いやすいように。そして農作業できることを日々感謝すること。」という言葉です。


日々の生活に感謝の気持ちを忘れなければ、世界の貧困も少しは減っていくのではないでしょうか。



「スパ農園通信2016」はこれにて一旦終了となります。
スパ農園通信のファンの皆様、また来年お会いしましょう!(ToT)/~~~

来年のスパ農園通信をお楽しみに!

バックナンバーに戻る
  • 桑名の医療・介護なら佐藤病院グループ