トップページに戻る

新着情報

2016/6/15

スパ農園通信2016 第7号

本日、6月15日は、「暑中見舞いの日」です。
1950(昭和25)年のこの日、郵政省が初めて「暑中見舞用郵便葉書」を
発売した日とのことから制定されました。出典(http://www.nnh.to/06/15.html)

そもそも暑中見舞いの意味合いはなんでしょう?

1年で最も暑い時期に送ることで、 相手の安否、健康を気にかける慣習です。
日本人らしい素晴らしい慣習ですね。



さて、本格的な夏の暑さを前に、スパ農園では先日6月4日(土)に、
入居者の皆さんと”えだまめ”の作付をおこないましたよ。



いただいた苗を4列。その横に豆のままのえだまめを大量にまきました。



えだまめ先生は、「枝豆は強い!」が信念のようで、畑をある程度耕した後、
チョイチョイと苗を植え、パパッっと作付を終えられました。



芽が出てきたら、また苗を植えかえるのだそうです。


昨年は枝豆が豊作でした。
今年はどうなるでしょうか?!
お楽しみに。



さて、心配しているサツマイモです。
50本植えたのですが、約半数以上が強い日差しにやられてしまい、
残っているのは17~18本程度のようです。(ToT)/~~~



残っている苗達を元気に育てていきたいと思います。



じゃがいも、サツマイモ、枝豆と次々に作付、収穫を行うことで、
スパ農園に足を運んで来てくれる入居者の方が少しづつですが増えてきました。

秋には入居者の皆さんと「大」収穫祭ができると嬉しいです。



サツマイモと枝豆の成育状況は逐一報告していきます。
今後のスパ農園通信をお楽しみに!

バックナンバーに戻る
  • 桑名の医療・介護なら佐藤病院グループ